片手鍋のおすすめ!サイズ・大きさが重要で一人暮らしの方にも最適!

大阪・吹田、三重・伊賀で初心者の方向けの家庭料理教室

「のんの」のひとりカルチャ-教室を主宰している藤本園美です!

 

お鍋というのは本当に色々種類がありますが、

お料理初心者の方は特に、良い片手鍋があればまずはそれでOKです。

[kanren postid="233"]

 

そこでこの記事では、使いやすさを左右する「大きさ・サイズ」にも着目しながら、

「これがあれば困らない!一生ものでもある!」という、優れものの片手鍋をご紹介します! 😀

 

お鍋に限らず、上達していくと新しい道具も欲しくなるものですが、

まずこのお鍋を入門編にして、慣れてきたら、、という流れが良いと思います!

 

片手鍋のおすすめ

 

今回ご紹介するのは、ジオプロダクトのステンレス製の片手鍋「行平鍋」です!

※ ちなみに「雪平鍋」「行平鍋」という2つの表記がありますが、違いはなく、どちらも同じです。

 

おすすめポイント

鍋としてクオリティーが高い!

  • 熱伝導が素晴らしく、食材がムラなく仕上がる
  • 清潔で汚れにくい
  • 焦げ付きが少ない
  • とても丈夫!!

などなど、「良いお鍋」の「条件がほとんど揃っています 😀

 

本格派で、なおかつ初心者向けでもあるといった感じで、

冒頭にも書きましたが、家庭料理ならこのお鍋1つで充分と言っていいくらいです 😀

 

実際、私がやっている料理教室・YouTubeオンライン動画レッスンで、鍋を使う場合はほぼこれしか使っていません!(^^)

それくらい、汎用性が高い鍋になっています。

 

サイズ・大きさについて

 

サイズは細かく言えば色々あるようですが、基本的には大:21cm、中:18cm、小:15cmです。

このうち、大と中があれば、日々のお料理にはまず困ることは無いです 😀 

※ 小については、好みもあると思いますが、小さすぎて少し使いづらいかなと思うので、余裕があればという感じです 🙂

 

強いて言えばのデメリット

 

個人の感覚の問題もあるので、難しいところではありますが、強いて言えば少し重いかなとは思います。

 

でもそれは、「作りがしっかりしていて、安定感がある=安全に使える」ということの裏返しでもあります。

気にするほどではないとは思いますが、一応重さを書いておきます!

大21cm→900g

中18cm→680g

小15cm→450g

 

購入方法

 

ジオプロダクトのステンレス製の片手鍋「行平鍋」は、調理器具を広く扱う量販店にはあるかも??

商品リンクも貼っておきます!

(楽天が1番品ぞろえが充実しているようです :-))

 

まとめ

強いて言えばの欠点を1つ書きましたが、ほぼ完璧と言っていいくらい完成度の高いお鍋なので、是非揃えて頂ければと思います!

お読み頂き、ありがとうございました\(^^)/

 

私が特におすすめする最高のアイテム3選!

 

ただでさえ選りすぐりのアイテムだけを紹介している当サイトですが

仮に「3つだけしか紹介しちゃダメ」と言われたら、絶対に推したいラインナップが以下です!(^^)

 

タッパーウェアのMMボール

MMボール

Vamoのガスコンロ

【Rinnai】強火力ガステーブル「Vamo.」

ジオプロダクトの行平鍋

ジオプロダクト 行平鍋 GEO-18YH 宮崎製作所 Miyaco geo-product

 

おすすめの記事