大阪・吹田、三重・伊賀で初心者の方向けの家庭料理教室

「のんの」のひとりカルチャ-教室を主宰している藤本園美です!

 

 

 

 

 

 

「味噌こし いらないor不要」と、ネットの検索窓に打ち込んでいる方がけっこう多いようなのですが、

実は重要度は「★★★」です 😀

 

それくらい、味噌こしはお料理をする上でのお役立ちグッズなんです!

特に1人暮らしや少人数家族の方には「持っておいて損は無し!」なので、理由と共にご紹介します!

 

おすすめの味噌こし

 

今回ご紹介するのは、株式会社・新越ワークスさんのブランド、スリースノーの味噌こしです 😀

 

おすすめポイント

丈夫でしっかりしていて、リーズナブル!

 

【スリースノー】ブランドの物は「味噌こし」に限らずそうなんですが、とても丈夫な上にリーズナブル!

使いやすく、長持ちして、お手頃」、、素晴らしい!!

 

使いやすさを突き詰めたサイズ感!

 

通常のみそこしは「ざる」の部分が縦に長いものが多いんですが、それだとかなり使いにくい!

 

一方、スリースノー製は直径が11cm、縦(ざる部分)の長さが7cmと、やや横広がりな形なんです。

些細なことと思われるかもしれませんが、実際使ってみると使いやすさが全然違います!

のんの
また、縦に長すぎないことで「洗いやすい」というメリットもあります!

 

 

「ざる」の代わりにもなる!

 

これが、「1人暮らしや少人数家族の方に特におすすめ!」と書いた理由です。

 

「ざる」類を全く持たずに料理をするのはかなり不便です。

普通は何か買わなきゃいけないわけなのですが、「ざる」はそれなりにかさがあって場所を取ります。

 

でも、ひとり暮らしや少人数の家庭に、

一般的な大きさの「ざる」が絶対必要かと言われれば、必ずしもそうとも言えません。

 

その点、この味噌こしは、少量の食材を茹でる時はもちろん、

アクを取るときも、「ざる」部分がダブルメッシュ(※)になっているので、綺麗にラクにすくえます。

 

他の「味噌こし」でも出来ないことはないですが、

1つ目の理由に書いたように、形状が絶妙なので「ざる」としての使い方も◎!ということです。

 

※「ダブルメッシュ」=「網が2枚重ねてある状態」です。

上の写真でもそうですし、なんなら現物を見たとしても作りが完璧過ぎてすぐには分からないのですが、網が2枚重ねになっています。一般的なざる類は1枚で作ってあるのが普通です。

 

※ とはいえ、あくまでも「ざるの代わりにもなる」というだけで、

きちんとしたざるを持っておくに越したことはありません。

以下の記事では、おすすめのざるについても書いていますので、そちらも参考にしてみてくださいね!

 

 

購入方法

 

スリースノーの味噌こしは一時期は東急ハンズなどであったのですが、最近はあまり見ないような、、

商品リンクを貼っておきます!

 

私が特におすすめする最高のアイテム3選!

 

ただでさえ選りすぐりのアイテムだけを紹介している当サイトですが

仮に「3つだけしか紹介しちゃダメ」と言われたら、絶対に推したいラインナップが以下です!(^^)

 

タッパーウェアのMMボール

MMボール

Vamoのガスコンロ

【Rinnai】強火力ガステーブル「Vamo.」

ジオプロダクトの行平鍋

ジオプロダクト 行平鍋 GEO-18YH 宮崎製作所 Miyaco geo-product

 

おすすめの記事
家庭料理・オンライン動画レッスン おうちイタリアンの攻略に欠かせない基本のトマトソースの作り方の習得&イタリアンの成り立ちの理解! のんの式「お悩み解消!一生役立つ家庭料理レッスン」#4で使用している主な調味料・調理道具・レシピ
オンライン動画レッスン
家庭料理・オンライン動画レッスン おうちイタリアンの攻略に欠かせない基本のトマトソースの作り方の習得&イタリアンの成り立ちの理解! のんの式「お悩み解消!一生役立つ家庭料理レッスン」#4で使用している主な調味料・調理道具・レシピ
大阪・吹田で初心者の方向けの家庭料理教室 「のんの」のひとりカルチャ-教室を主宰している藤本園美です! このページでは、当教室が配...