ロールケーキ型(天板)のおすすめ!サイズが重要で失敗が激減します!
☆初心者向けの家庭料理のオンライン動画レッスン☆
累計3500人以上が受講している当料理教室のレッスンを動画で学んで頂けます(^^)
おうちで効率よく¨本当に役立つ家庭料理¨をマスター出来ますので、是非チェックしてみてください!
初心者向けの家庭料理のオンライン動画レッスン一覧ページ

大阪・吹田で初心者の方向けの家庭料理教室

「のんの」のひとりカルチャ-教室を主宰している藤本園美です!

 

 

 

 

 

ロールケーキをうまく巻けない、失敗してしまうというアナタ!

そんなアナタにピッタリなのがこの記事です 🙂

 

なぜかというと、ロールケーキをうまく巻けないのはアナタの技術不足ではなく、型(天板)に問題がある可能性が高いからです。

 

私はもう30年近くお菓子作りをしてきました。

ですが、スタンダードなスイーツの中で、ロールケーキはコツをイマイチ掴めない期間が特に長かったんです。

 

ところが、この記事でご紹介する天板を使い始めた途端、百発百中で上手く巻けるようになり、

「今まで悩んでいたのは何だったのか、、」と不思議な気持ちになりました。

 

それくらい、どんな天板を使って作るのかというのはロールケーキ作りにおいて超重要ポイントです!

 

この記事では、どの天板を使うのが良いか、どういったポイントが大事なのかについて解説していきます!

 

おすすめのロールケーキ型(天板)

 

今回ご紹介するのは、タイガークラウンから販売されているロールケーキ型(天板)です!

 

おすすめである理由

大きさ

 

おうちでロールケーキを作る際、卵は3~4コ分で作ることがほとんどです。

その場合、天板のサイズは「27cm×27cm」がベストです!

 

少し小さめに感じるかもしれませんが、失敗なく作るためにはこの大きさが最適です。

色々試した結果、この数値に関しては確信を持って言えます!

 

形状

 

天板の形状もサイズと同じくらい大事です。

この天板は、端っこが5mmほど外にカーブしています。

 

これが本当に大事なポイントで、このカーブがあるからこそ、驚くほど綺麗にうまくロールケーキを巻くことが出来るんです!

 

上では「27cm×27cm」と書きましたが、カーブしていることから外寸は28cm×28cmになるので、

そういう風に表記しているショップもあります。

 

ロールケーキの天板は、端っこが直角のものが大半です。

ですが、それだと巻く時に非常に窮屈になるので、上手く巻くことがとても難しくなります。

 

タイガークラウンさんはその点を充分理解された上で、計算された形状の天板を作られているということです!

 

のんの
ちなみに、私の若い頃は「端っこが直角の天板で巻く」というのが定説でした。(←というより、そういう天板しかありませんでした。)
私もそれにならってやっていました。ですが、断言します。それは「NG」です!

 

どこに売ってる?売ってる場所についての情報

 

これはリアルショップではなかなか売っているところが少ないので、商品リンクも貼っておきます!

 

天板をゲットしたら、、

 

天板をゲットしたら、

定番スイーツの作り方とコツを動画で徹底解説する

"まずはこれだけ"お菓子作り動画レッスン¨もチェックしてみてください(^^)

 

ロールケーキの作り方も取り上げています!

 

【ダイジェスト動画】

 

まとめ

 

ご紹介したように、ロールケーキは本当に天板が命です。

 

私はしばらくそのことに気づかず、自信を失いかけましたが、

これを読んでいるアナタにはそんな思いはして欲しくないので、「技術が足りないのでは?」とお悩みの方は是非試して頂きたいです! 🙂

 

お読み頂き、ありがとうございました!\(^^)/

 

私が特におすすめする最高のアイテム3選!

 

ただでさえ選りすぐりのアイテムだけを紹介している当サイトですが

仮に「3つだけしか紹介しちゃダメ」と言われたら、絶対に推したいラインナップが以下です!(^^)

 

タッパーウェアのMMボール

MMボール

 

Vamoのガスコンロ

【Rinnai】強火力ガステーブル「Vamo.」

 

ジオプロダクトの行平鍋

ジオプロダクト 行平鍋 GEO-18YH 宮崎製作所 Miyaco geo-product

おすすめの記事