大阪・吹田で初心者の方向けの家庭料理教室

「のんの」のひとりカルチャ-教室を主宰している藤本園美です!

 

料理に使うエプロンは本当に様々なものが販売されています。

 

もちろん、どのような物を選ぶかについては、好みによる部分も少なくないですが、

「こういう物はおすすめできない」というポイントは、私の中ではっきりしています。

 

ですが、その条件に当てはまるエプロンは本当に少ないので、私は普段自分で作っています。笑

 

今回の記事を書くにあたっても、もう一度調べてみたのですが、あれもダメ、これもダメ状態、、

 

そんな中、「あっこれ!これで決まり!」と即決した、ダントツでおすすめできるものを見つけましたので、

理由と共にご紹介します!

おすすめのエプロン

 

私がダントツでおすすめするのは、

リーノエリーナのエプロンです(^^)

おすすめの理由

負担の少ない形状

冒頭に書いたように私は、市販されているものの大半を
一目見ただけで「ナシ認定」します。
それはなぜかというと、大半のものは、紐を首のところでつる形になっているからです。
この形状はおそらく、着脱が楽なことが理由で主流になっているのですが
それは本当におすすめしません。
その形状だと、ほぼ間違いなく、肩凝りや疲労の原因になります。
台所仕事が多い方は特に、そういったものではなく、
肩掛けタイプで、バックで止める形のものの方が絶対負担が少ないです。

危険の少ない形状

エプロンはどちらかと言えば、身体にまとわりつくような形状の方が良いです。
ふわふわするものの方がもしかしたら、¨女子力が高く¨感じるかもしれません。
ですが、火を扱ったり、そもそも細かい作業をすることも多かったりするという¨台所での適正¨を考えて頂ければ、
どちらが良いかはお分かり頂けるかと思います。
そういった点からも、エプロンは前で縛る形状の方が危険が少なく
ご紹介しているものはこの点も満たしています。

素材の良さ

このエプロンは、lino e linaという会社さんが作られていて(輸入されていて?)、リトアニアリネン(麻)100%で作られています。
リーノエリーナさんは、私が同じくおすすめしているキッチンクロスも作られています。

MEMO

ちなみに今回の記事を書くにあたって、リーノエリーナさんありきでエプロンを探したわけではありません。
良いものをフラットな目で探したら、行き着いたところが同じだったという感じです(*'▽')
リトアニアリネンは肌触りがとても良く、吸水性・通気性・発散性に優れているため、 キッチン仕事に最適です。
 
汚れも落ちやすく、洗濯にも強いので衛生的に使えます。
そのため、長く使うエプロンのようなものであるならなおさら、この素材が本当におすすめです。
こういった点からも、リーノエリーナさんは、お料理のこと・素材のことが
本当に分かってらっしゃる会社さんなんだと今回改めて思いました!
私が特におすすめする最高のアイテム3選!

 

ただでさえ選りすぐりのアイテムだけを紹介している当サイトですが

仮に「3つだけしか紹介しちゃダメ」と言われたら、絶対に推したいラインナップが以下です!(^^)

 

タッパーウェアのMMボール

MMボール

 

Vamoのガスコンロ

【Rinnai】強火力ガステーブル「Vamo.」

 

ジオプロダクトの行平鍋

ジオプロダクト 行平鍋 GEO-18YH 宮崎製作所 Miyaco geo-product

おすすめの記事
家庭料理・オンライン動画レッスン おうちイタリアンの攻略に欠かせない基本のトマトソースの作り方の習得&イタリアンの成り立ちの理解! のんの式「お悩み解消!一生役立つ家庭料理レッスン」#4で使用している主な調味料・調理道具・レシピ
オンライン動画レッスン
家庭料理・オンライン動画レッスン おうちイタリアンの攻略に欠かせない基本のトマトソースの作り方の習得&イタリアンの成り立ちの理解! のんの式「お悩み解消!一生役立つ家庭料理レッスン」#4で使用している主な調味料・調理道具・レシピ
大阪・吹田で初心者の方向けの家庭料理教室 「のんの」のひとりカルチャ-教室を主宰している藤本園美です! このページでは、当教室が配...